奈良県五條市田園にあるスパゲティー専門店『スパゲティーハウス シエロ』のご案内です。
『スパゲティーハウス シエロ』の紹介や、時々店内を『ライブハウス』にすることや、マスターの副業『ピアノ調律師』としての内容を書きます。
Information
スパゲティーハウス シエロ
〒637-0093奈良県五條市田園3-5-7  0747-22-9333
営業時間11:00〜15:00(オーダーストップ14:30) 17:00〜21:00(オーダーストップ20:30)
火曜日定休日
ご覧になりたい内容のカテゴリをお選びください。 下から上へと更新されておりますので、 スパゲティーメニューなどの詳細は 一番下部からご覧ください。
カテゴリ

2011年10月03日

ライブの結果報告(岸部眞明ソロライブ111002)

今回で7回目となりました、シエロ恒例の
『岸部眞明ソロライブ』の結果報告をしたいと思います。

まず、本年の台風台風12号での災害でたくさんの方々から
ご心配の連絡を頂いたことを御礼申し上げます。

さて当日は朝から気持ちの良い晴れ天候に恵まれ、
ライブセッティングも優秀なスタッフのお蔭で
順調に進みました。
時間的余裕があったので、岸部さんと同じウォーターロードギターや
周辺機器が揃っているワタクシが音出しをしてみました。
15分ほど試しているところに岸部さんが何と目2本のギターを持参して
おみえになりました。
この時点でピンと来られるファンも多いのでは・・・?

ワタクシ個人的には本番より濃いかったそのリハ内容は
後半に書きます。
本番時ワタクシはスピーカー裏に待機しておりますので、
一番悲しい音響なのは、ご察し下さいませ。(笑)


DSC00003.JPG
リハ中の岸部さん スピーカーの高さや角度も変更します


今回のライブ構成も2部に分かれて
るんるん前半はいつもの様に『Hajimari』からスタート、
ビートルズカバーを2曲、おなじみナンバーを7曲、
『Wonderful Tonight』は訳あってスルーでした。(笑)
その理由は前日の富山での「フラワーショー」とのコラボライブが
原因だとMCで話されました。付け加えますが「浪曲漫才トリオ」の方々では
有りません。(ふっる〜ぅ)たらーっ(汗)

DSC00006.JPG
Newギターでの音響チェック中


るんるん後半は新曲9曲を惜しみなく連続披露。
イメージ的には「不二子」「雨」「セイリング」「ディストーション」「機関車」など
どんな正式タイトルになるかも楽しみなナンバーのオンパレードでした。
ただ、まだアルバム完成には少々時間がかかるかもとのことでした。
来年のシエロライブが『New Albumツアー』になると良いのになぁと
個人的には思ってます。
韓国でもすごい人気になっている岸部さんも
締めは師匠に捧げた曲『Song for 1310』を選曲されました。

アンコールは、そのままPAの音色で『雨降る窓辺で』で
元聖飢魔IIのエース清水長官との一歩進んだお話もご報告。

もう時間を忘れる位の全21曲で終了されました。
たくさんお越しいただいたお客様も大変満足されたのでは
ないでしょうか。

「来年は更にスリムになって来ます」と大きく宣言されたお約束も
楽しみです。exclamation×2


音楽さて、報告も後半としますが、
来客されたコアなお客様は気が付かれたかもしれませんが、
岸部さんが本番で使われたギターシールド、プリアンプ、チューナー、足台は
ワタクシ個人の物でした。
いろいろ試された後、リバーブやDI、パッチケーブルはご持参の物に変更されました。
というのも、最初はギターとDI以外はワタクシの機材をそのまま使われてました。
その音出し時間も現行ギターとNewギターとを持ち替えての音色確認もされました。
ワタクシを含めたスタッフは大変貴重な体験をさせて頂きました。
Newギターのピックアップのポールピースもその場で変更していました。(驚)
岸部さんがおっしゃった2本の違いはハッキリ確認出来ました。
Newギターがメインになるのはもう少し先だということでしたが、
良い所も解りましたので、新旧交代になる時期が非常に楽しみでは有ります。
それから、最後にわがまま言ってワタクシのウォーターロードも同じセッティングで
弾いて頂きました。ポールピースも設定して頂き、大感激でした。
ここにM-factoryさんもいらっしゃったら面白かったかもです。
機材までは分からないというファンの方々にはサッパリな内容かもしれませんが・・・。(笑)

その様なリハ時間でしたのでワタクシ自身も勉強になるスゴイ時間を体験させて頂きました。

ライブ片づけ後のスタッフとの打ち上げももちろん濃くなりました。
もう来年は近い距離なのに前日入りにしようかというお話も・・・。(笑)


音楽を含め、人柄も素晴らしい岸部さん
今年も本当にありがとうございました。
そして同じ思いでお集まりいただく多くのお客様。
そして素晴らしい働きのシエロライブスタッフ。
みんな含めて成り立つライブであることを感謝して
今回も御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。
また来年もどうぞよろしくお願い致します。


恒例の集合写真です、クリックをして拡大してください
IMG_0434.JPG
posted by シエロのマスター at 22:24| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

『第5回シエロ音もだちライブ』結果報告

『第5回シエロ音もだちライブ』の結果報告です。

マスターの日頃の行いのお蔭(笑)か、天気にも恵まれ
暑くもなく寒くもなく気持ち良いスタートとなりました。

では個性派揃いの出演者紹介です。


岡本あやなさん
あやな 1.jpgあやな 2.jpg
初めて、あやなさんがシエロライブに出演して頂けました。
某大手メーカー主催のティーンエイジコンテストでも優秀賞を獲得、
知名度も上昇中の「奈良のつじあやの」こと岡本あやなさんです。
透き通った歌声を持ち柔らかなメロディーとウクレレが味付けします。
完成度が高いので、今後はオリジナルを聴いてみたいと思う方が
多数でしょう。
心地良いステージでした。



Yujiさん
yuji 2.jpgyuji 1.jpg
今回のライブでは押尾コータロー弾きが3人いました。
その中でのトップバッターがインスト一年生のYujiさん。
New D-28にWaverピックアップを備え度胸満点のステージでした。
ホントに初めて???と言う程の進行と演奏。
やはり素質あったんやねと、インストに引き込んだ某マスターは
喜んでおります。そしてPA仕事も理解が早くて助かりました。
これからがますます楽しみですね。


たかっちゃん
IMG_0903.JPGIMG_0910.JPG
仕事が忙しくギターを触ることも容易でないたかっちゃん。
某マスターに無理やり出演させられました。
シエロライブはもちろん皆勤賞。
クラプトン好きの変わらぬスタンスで、ぶっつけ本番に近いステージでした。
やっぱり歌声もギターもええ味してるよ。
今秋はまた一緒にクラプトンに会いに行こうな。
画像は昨年のを使いました。録音係とカメラマンもありがとうございました。
自分の分の撮影は誰にも言えなかったんやね。うっかりしててゴメン


足守学さん
足守 2.jpg足守 1.jpg
3年ぶりのシエロのステージでした。
こだわりの岡崎倫典さんアレンジの選曲です。
久しぶりにスポットを浴びたかぶり着き席はきつかったでしょうか。
緊張の連続でした。
何よりも場数を経験することだと、経験者は語ります。
打ち上げでは難なく弾いていたので、現場の皆に
腕前は実証済です。



ふわさん
ふわ 1.jpgふわ 2.jpg
今回で2度目となるシエロのステージ。
昨年よりも一皮も二皮も剥けた自信の内容でした。
さらに三線(さんしん)弾き語りまでも披露。
声も良く出ていたので、歌詞への想いがすごく伝わりました。
スティッカム配信では、コメントやテロップなど
スタッフとしても、さり気ない書き込みが有難かったです。



マイマイさん
マイマイ 1.jpgマイマイ 2.jpg

押尾弾きの2番手であるマイマイさん。
シグネチャーモデルのKO-50もピタリとハマっていました。
曲によってギター変更されるのもカッコ良かったです。
岸部眞明さんの曲も2曲演奏。
美味しい所取りでしたね。(笑)
打ち上げでは長淵曲までも・・・。
楽しませまくりのキャラクターです。



そっさん
そっさん 1.jpgそっさん 2.jpg
もうこの方、何も説明がいりません。
『そっさん』というミュージシャンとして完成されております。
新曲も初めてシエロで披露して頂きました。
HD-28もギターとして出来上がった音色をしておりました。
某ライブハウスではマンスリーミュージシャンとして確実にファンを
増やしております。
シエロライブでの大きな色彩を放つ大切な人物です。
ビデオカメラマンご苦労様でした。



シエロのマスター
シエロのマスター 1.jpgシエロのマスター 2.jpg
自分で言うのもなんですが、自分の店での演奏の緊張感が
ようやく減少しつつあります。
演奏後、何人にも「眠くなった」と感想を頂きました。
それはα波がたくさん出る気持ち良い演奏だったと解釈して
良いのでしょうか?
きっと皆さん微妙だと答えられるでしょうね。
自称『五條の岸部眞明』こと、ライブ総監督(笑)のシエロのマスターでした。



ハマジラさん
ハマジラ 1.jpgハマジラ 2.jpg
そっさんのプッシュで初めてシエロライブに出演して頂きました。
のっけから『ハマジラワールド』炸裂です。
経験が浅いとは考えられません。
キャラのまんまの歌詞とメロディー、そして歌声。
ウクレレやガットギターを選択するのも納得です。
もっともっとレパートリーを聴いてみたいと誰しも感じたはずです。
来年もぜひ出演してください。
照明・BG担当ありがとうございました。



duzzさん
duzz 1.jpgduzz 2.jpg
『五條の押尾コータロー』とワタクシが名付けました。
さすがにギターの鳴らし方を良く分かっておられます。
しかしマスクをしての演奏にビックリしました。
詳細はライブに居た方とスティッカム配信閲覧の方は理解していると思います。
アレルギーではありません。
十分笑いを取れるネタの様な理由がありました。
昨年より余裕のステージだったということですね。(笑)
助監督的仕事もありがとうございました。



Hiro Odanakaさん
おだひろ 2.jpgおだひろ 1.jpg
かれこれお付き合いも長いもので、Hiroさんも皆勤賞ですね。
待ち焦がれていたグレーベン・ホワイトレディーを生音で鳴らして
下さいました。やはりエレアコよりも素晴らしいバランスですね。
今回はトリの指名をしたのが大正解で注目の的でした。
ラストの選曲は追悼の意味を込めて
キャンディーズの『年下の男の子』を弾き語るとは
恐れ入りました。(笑)



総評

今回も無料ネット配信スティッカムを利用してライブの模様を流しました。
実はスティッカム自身の状態が不安定な時期が続いていて、いつ配信が切れるか
心配が尽きない状況でした。
しかし本番内容は全て問題なく流せました。
たくさんの閲覧していただけた皆様の神通力だったのではと感謝しております。

来店のお客様も多くはありませんでしたが、
アットホームな雰囲気を楽しんでいただいたのではと思っております。

シエロの素人ライブは出演者自身もスタッフとして動いてもらってます。
ですから、当日初めてお会いした方もいますが、仲間意識が強くなり
和気あいあいとライブ進行や準備、片づけ、そして打ち上げもすごく楽しく出来ます。
アニメでの流行り言葉で『仲間』という意味合いが
『シエロの音もだち』でも十分感じられます。
主催者として皆さんでライブを開催出来たことを幸せに思います。

本当にありがとうございました。
みんなみんな大切な『音もだち』です。

また来年も開催いたします。
仲間に入りたい方はシエロのカウンターで
「ギター弾いてます」と声をかけて下さいね。
posted by シエロのマスター at 22:45| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

ライブ結果報告(有山じゅんじソロライブ101031)

有山じゅんじソロライブ結果報告(101031)

昨年に続き、関西ブルースの大御所、有山じゅんじさんの
ライブを我が店シエロにて開催しました。
その報告を致します。

まず、天気はずっと雨でした。雨
台風台風は前日に逸れて安心していたんですが、
ライブ当日の方が雨量が多くて・・・。
なんと今年のシエロのプロライブは雨ばかりで、
ワタクシ日頃の行いが悪いのでしょうか???がく〜(落胆した顔)

有山さんをお呼びするのは、今回で2度目になりましたので、
個人的には少しの緊張感のみで、落ち着いてお出迎え出来ました。
やっぱりホント優しい方です。揺れるハート

目今回持参されたのは、昔からお馴染みの『茶色いMartin』に
古そうな『マグネットピックアップ』を取りつけ、
そしてプレミアレベル?の『Fender アンプ』を
これまた古い二連式のフットスイッチで音色変化。
もう骨董品レベルばかりですが、
凄く良い音が鳴ってました。
さすが有山さんは鳴らせ方を良く解っておられます。

セットリストは報告出来ません。
もういろいろごちゃ混ぜで、どこからどこまでが区切りなのかも
分からなくなるほどの「有山ワールド」炸裂です。exclamation×2

ひらめきそして、去年は演奏されなかった『ぼちぼちいこか』の
タイトル曲を今回はワタクシ個人的にリクエストしていて、
最近ライブではされていないらしいのですが
歌っていただけまして、涙が出そうになりました。

るんるん『ぼちぼちいこか』は名曲だと思います。
この哀愁漂う名曲をセンスあるCMプランナーやドラマのディレクターは
気が付けよとワタクシ自身は感じております。

2時間強のライブ時間はあっという間でした。
多くのミュージシャンからリスペクトされる意味が
更に解りました。
でもこれは有山さん自身のみが出来る「匠の技」なんだと
実感しています。

打ち上げでは、シエロの音響も
褒めていただけました。
嬉しい限りです。手(チョキ)

また、次回も楽しみにしています。

雨の中にも関わらず、わざわざご来店いただいた
多くのお客様、そして偉大なる有山じゅんじさん。
そして自慢したい位のシエロのライブスタッフ。
皆さん本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いたします。




恒例のライブ後の集合画像です
クリックして大きくして保存くださいませ。

DSC01856.jpg
posted by シエロのマスター at 19:25| 奈良 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ライブ結果報告(岸部眞明ソロライブ101003)

岸部眞明ソロライブ結果報告(101003)

今回で6度目となりました岸部眞明さんのライブが
無事終了いたしました。

天気はあいにくの雨模様。雨
おいで頂いた岸部さんやお客様には
大変な思いをさせたと思います。ふらふら

我々スタッフもいつもはテーブルなどは
外に出すのですが、出来るだけ店内の邪魔にならない
場所にまとめました。
見た目は微妙なんですけどね。あせあせ(飛び散る汗)

実は今回のお客様人数は今までにない
小規模編成(笑)になりましたが、
幸いにお客様にとってかつてない
超近距離座席となりました。目

元々ウチはかぶり付き席が売りではありましたが、
岸部さんの提案で、さらにパワーアップでした。
半径2mの扇形配置で軸に岸部さんが居るひじょうににまとまった
アットホームな空間になりました。
岸部さんが「みんな、こっちにおいで〜」って
言ってるような感覚です。わーい(嬉しい顔)
目線の高さはみんな一緒です。

ぶっちゃけ、お客様にとっては
これくらいの人数配置がベストだったのでは
ないでしょうか?
るんるんシエロ自慢の音響システムはそのまま鳴らしてます。耳

あぁワタクシ自身がお客さまになりたぁ〜い・・・です。

ライブの内容ですが、いつもの二部構成で
前半はhajimariから新曲5曲を含め、奇跡の山で締めた12曲。

後半は『12Stories』全曲をアルバムとは違う順番で
演奏されました。

ますます関西人として磨きがかかったMCは
これからのライブで楽しみにしている方の為に
極力抑えますが、タイトルを付けるならば、
「夏の終わりのビーチ・・・ムフフ」
「青年時代のギターへの思い出」
「メジャーヘビメタバンドギタリストの絆」の三本です。
また想いがけない小道具がある、うわさのアニメキャラの
お話も笑えます。揺れるハート

アンコールはレギュラーチューニングの流れもさりげなく
タバコ値上げをネタに禁煙
「Smoker」と
雨模様の外にピッタリの生のギター音で
「雨降る窓辺で」で終了となりました。

MCもさることながら、岸部さんの弾き方による
音のダイナミックレンジが上がったと感じたのは
ワタクシだけでしょうか?音楽

岸部さん流石です、ほんと素晴らしいライブでした。
ワタクシ、岸部さんを呼んで、ずっとライブ開催していることを
もっと自慢して良いですよね。

それから韓国盤でのベストアルバム『花 hana』の
入荷もドンピシャで売れゆき上々でした。

仕方なくおこしになれなかった多くの常連様達の
悔しがるお姿が目に浮かぶようです。

また、来年開催しますからね。

当日は雨模様にも関わらず、おこしいただいた
岸部さんとお客様方、そして素晴らしいシエロのライブスタッフに
感謝いたします。
ありがとうございました。


さらにアットホームな記念写真撮影です。
クリックして大きくして保存してください。

DSC01850.jpg
posted by シエロのマスター at 20:31| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

『第4回 音もだちライブ』結果報告

『第4回 シエロ 音もだちライブ』の結果報告を致します。

いやぁ〜 とにかく楽しかったです。わーい(嬉しい顔)

春の訪れが微妙な今日この頃ですが、この日は久しぶりに晴れ大快晴晴れ
気持ちの良いライブ日和。(野外ではありませんが犬)


今回は8名の出演

急遽決まったスティッカムによる
生ライブ配信

客席はこんな感じです。
IMG_0897.JPG



まずは出演者紹介

ふわさん
IMG_0899.JPGIMG_0900.JPG
お名前通り「ふわぁ〜」とライブ会場を包み込む様にスタートさせて下さいました。
12フレットジョイント、スロテッドヘッドのエアーズギターの柔らかさとともに歌詞を丁寧に紡ぎます。
メロディーばかりを意識しがちなワタクシも
歌詞の内容に惹きつけられました。



たかっちゃん
IMG_0903.JPGIMG_0910.JPG
ワタクシとは幼なじみどころか、ずっと一緒に音楽を楽しんでおり、
無期限休止中?のユニット「おんがく旅」のヴォーカリストでもあります。
今回は彼がリスペクトしているE・クラプトンのルーツまでを含めた選曲でお洒落にまとめてました。
ぶっつけ本番やなかったんやね。(笑)



シエロのマスター
IMG_0913.JPGIMG_0924.JPG
リアルにカポ位置を間違うギターのテクニックよりも
新しく買ったルシアーギターと機材の劇的な
音色変化の方に歓声が上がりました。
ワタクシ自身も岸部さんのウチでのライブ感覚を
少しだけ体験出来たかも。
正直、気持ち良かったです。



Hiro Odanakaさん
IMG_0927.JPGIMG_0931.JPG
ライブ出演皆勤のHiroさん。
新しい路線を求め大好きなブルースを封印しての選曲でした。
さすが器用な方です、
ハナミズキなんて弾き語りの徳永英明レベル???
次回はマンドリンもウクレレも三線(サンシン)も披露して下さい。



唯ちゃん
IMG_0938.JPGIMG_0939.JPG
突然ライブの出演交渉をしてきた我が母校の高校三年生。
事前に聴いたこともありませんでした。
バンドのギターヴォーカルをしており、アコギ弾き語りも
トライしてまだ一年という。
しっかりした歌とギター、フィンガーテクもさりげなく。
もうかなりびっくりしました。
オリジナルも2曲披露。
カラオケ早く大人に〜るんるんのフレーズにワタクシ達大人は慌てなくてもと思ったはず。
ちなみに彼女の母親はワタクシと同級生というオチ付きです。



そっさん
IMG_0947.JPGIMG_0954.JPG
さすがライブ慣れされてる方のステージは違いますね。
もう中央に立った瞬間から空気が変わります。
鳴らして育てたD-18GEも綺麗な音です。
見た目とのギャップ(ごめん)を感じるシルキートーンヴォイス。
ワタクシ達世代が特に反応する純粋フォークの歌詞とメロディー。
個人的にはるんるん「大きな人」が来てます。



duzzくん
IMG_1019.JPGIMG_1020.JPG
ワタクシは『五條の押尾コータロー』と呼んでます。
最近、愛機D-28マーキスマダガスカルに
M-factory#202をセットしました。
ノリノリのタッピング曲には歓声が上がりました。
ミキサー卓でのスピーカーの出音やヘッドフォン音の比較を
しっかり楽しませて頂きました。
スタンディングもボチボチとトライしていくかい?



みどさん
IMG_1027.JPGIMG_1032.JPG
シエロでのライブは初出演なのに
「トリ」をワタクシに指定された「みど姉さん」。
多分どんな演奏をされるのかと皆さん思ってたはずです。
最近手に入れた80年代モノの激鳴り「ラリビー」を引っさげ
ギタリスト岸部さんや押尾さんの大師匠「中川イサト」曲を
さらりと2曲、歌モノはブルース系・アイリッシュ系、そして
ワタクシが強制的にリクエストした
植村花菜の「トイレの神様」をワタクシのギブソンを鳴らし
歌いあげました。
MCもある意味「漫談」です。本人は自覚してません。
納得の締め演奏となりました。


総評です。

最初にも書きましたが本当に楽しいライブになりました。

目フリーのお客様も思いがけなく入っていただきました。
女子高校生の集客力は脱帽です。

映画そして初体験の生ライブネット配信「スティッカム」には
ドキドキものでした。
コンスタントに生閲覧人数が分ります。
ワタクシの演奏時にはギター機材の大御所M氏から
「見ているよ」との連絡が入り異次元の緊張を味わいました。あせあせ(飛び散る汗)
ありがとうございました。揺れるハート
ある意味、生放送テレビの出演者の気持ちと言うか、
製作者サイドの気持ちも想像してしまいました。
『視線が見えない視線』という言葉が浮かびました。あせあせ(飛び散る汗)
しかし配信の音質はやはり難しいですね。
会場の生音よりも後半から変更した
ミキサー卓のLINE OUTがベストかと。

ひらめき出演者全員スタッフ
でもあるウチのライブ内容。
それぞれ楽しみながら設営や片付けもして頂きました。
女子高校生にキャノンケーブル(XLRケーブル)のオス・メスを
探らせ、解きや巻きまで理解させるマスターですもん。(笑)

ちなみに
撮影担当     そっさん
録音担当     たかっちゃん
スティッカム担当 duzzくん
ローディー    Hiroさん Booさん(友人)
ミキサー担当   シエロのマスター

最後に
わざわざ来ていただいたお客様
手を貸してくれた友人達
ネットで生閲覧してくれた皆さま
そして出演者の皆さま

本当に楽しいひと時をありがとうございました。

みんな揃って『シエロの音もだち』で〜す。黒ハート黒ハート黒ハート


posted by シエロのマスター at 02:19| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

ライブの結果報告(有山ライブ091108)

有山じゅんじソロライブ(091108)報告

関西ブルースの大御所、多くのミュージシャンからもリスペクトされている、有山じゅんじさんを我が店に初めてお呼びしたライブ内容を報告します。
お呼びするに至り、西條佑さま、小田中宏親さまのご協力に
大変感謝しております。

まず、店の玄関からお出迎えした瞬間、素の状態でもライブと同じく
優しく親しみやすい雰囲気の有山さんでした。わーい(嬉しい顔)

音楽リハーサルに入っても全く変わらず、ライブ時と同じ様に
窓のブラインドを下げましたが、金剛山の景色が綺麗やからと
外から丸見えのリハになりましたカラオケぴかぴか(新しい)

楽屋を用意しておりましたが、みんなとワイワイ喋りながら居たいと
おっしゃって、楽屋にはほとんど行かず、いい気分(温泉)和やかな雰囲気がずっと続いてました。

DSC01682 縮小.JPG
(リハーサル時の有山さん)

ひらめき今回、有山さんの使用ギターは『Truth』というルシアー(個人製作家)モデルで、製作者ご本人の福原紀文さんもご同行されてました。
ルシアー直接のお話も非常に面白かったです。
ココのホームページから有山さんのモデルの製作経過などが
拝見出来ます。(ブログもどうぞ)
http://homepage2.nifty.com/form/form.html

るんるんさて、和やかなままの本番となりましたが、
スタッフ達はきっと、いつから本番???って感じの
流れなのではなかったでしょうか。

狭い客席なのですが、少しでも楽にと椅子の移動をお勧めしたり、
お客様の状況を察知してのトークや間、そして選曲。
もう、これぞベテランのライブ運びと申しましょうか。
ワタクシとしても感動しまくり。手(チョキ)

休憩を挟んでの約2時間のステージはあっという間。
有山さんを知らずに来たお客様も1/3は居てたかもしれませんが、
事前勉強など、一切無しでも十分楽しめる内容だったのでは
ないでしょうか。グッド(上向き矢印)

言葉で表現するのは難しいですが、
モバQ『気持ちよいマッサージをされながら、雲の上に浮かんで
ニコニコ笑い続けている』という感覚でしょうか。ハートたち(複数ハート)

喫茶店スタッフとの打ち上げ時にワタクシはギター弾きの一人として
「あのリズム感、コード進行や理論、練習方法など」
質問してみました。
やはり何処の雑誌にもコメントされてるように「難しいことは
解れへんねん。感覚で弾いてるだけ。」とのことでした。

それだけギターが好きで歌が好きでアットホームな
ライブが大好きなんだと、更に実感いたしました。

今回のシエロライブもスタッフを含め30名弱の空間でしたが
楽しい時間を共有出来たのではないでしょうか。
お忙しいところ、お集まりいただいたお客様、
だんだん少なくなりましたが、素晴らしく動いてくれるスタッフ。
そしてますます好きになった、有山じゅんじさん。
みなさん本当にありがとうございました。

また、お呼びしたいと思いますのでよろしくお願い致します。

それでは、恒例の集合写真です。
クリックして大きくしてご覧(保存)下さい。
余計な照明を追加したことを深く反省しております。

DSC01693.JPG
posted by シエロのマスター at 16:48| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

ライブの結果報告(岸部ライブ090927)

岸部眞明ソロライブ(090927)報告

るんるん今回で5度目となりました岸部眞明さんのライブが無事終了いたしました。

例年の時期よりも少し早くなりましたが、
New Albumの発売ツアーに入れて頂くことが出来、
感激しておりました。

今回はウチの店内も新しい試みとして
新兵器の『可動式間仕切り壁』を登場させました。
音楽音響空間を出来る限り「左右対称」にする為です。
リハーサル、本番ともにその効果は現れていたと思います。
耳岸部さんと我々スタッフとの共同作業が実りました。
お客様もアトラクションの様で楽しめたのでは???(笑)

さて、本題のライブ内容ですが、
一部の選曲はカバー曲や代表曲が中心。
二部はNew Album『12 Stories』全曲と代表曲。
MCはアルバム製作のこだわりの数々。
ギター弾きさんの為に『新バージョン親指チャ』の解説。
そして、結局『秘密』がオチだという微妙ネタの数々。
モヤモヤだらけ・・・。exclamation&questionわーい(嬉しい顔)
かつてはトークが苦手なハズだったのに。
それから、お誕生日の方の為にもさりげないサプライズも揺れるハート

総評すると演奏もトークも音響もお客様との雰囲気も
抜群の内容だったのではないでしょうか。

お帰りになる、お客様の笑顔の数々を拝見すると手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
主催者として、本当にやって良かったと感動しております。

へんぴな場所にも関わらず、
お越し頂けるお客様には大変感謝しております。
そして良く動いていただけるスタッフ、
最後に素晴らしいひと時を届けてくれる愛すべき岸部眞明さん、
本当にありがとうございます。

これからも続けていきたいと思いますので
皆様どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。


恒例の集合写真です。
思惑通り一番手前のスタッフは目立たないように
撮影いたしました。(笑)
岸部ライブ集合写真(090927).JPG

posted by シエロのマスター at 00:53| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

第3回オープンマイク終了

第3回オープンマイクライブ終了

無事アマチュアライブが終了いたしました。
出演者順にそれぞれ画像をアップ致します。

ごらんの通り、時間につれ太陽光が減ってきているのも
お楽しみ下さいませ。


出演者5名 観客・スタッフ計8名という
超アットホームな空間でしたが、
とても楽しいひと時でした。



たかっちゃん
DSC01595.JPG


Hiro Odanaka
DSC01598.JPG


シエロのマスター
DSC01599.JPG


そっさん
DSC01607.JPG


シロートチアリHG
DSC01609.JPG


もちろんワタクシの画像は
自分でシャッターを押してません。
チューニングしてるところやし・・・。(笑)
posted by シエロのマスター at 12:00| 奈良 | Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ライブの結果報告(岸部ライブ081109)

岸部眞明ソロライブ(081109)報告。

るんるん今回で4度目となる、岸部さんのライブが無事終了いたしました。

金曜から降り続く雨小雨で気温バッド(下向き矢印)もかなり冷え込んでしまい。
お客様方には寒い思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

ひらめきそれでも今回もほぼ満席状態で大変感謝しております。

まず、岸部さんの今回の選曲ですが、
大まかに、カバーアルバム系と新曲系とレア曲系といった
感じだったのではないでしょうか。
新曲にいたっては、最近のチューニングの傾向や
作品が仕上がる流れ、順じに仕上がった二部構成的な曲など・・・。

思わず「ほほぉ〜」と。いい気分(温泉)

レア曲系はファーストアルバムからの選曲や、
今までウチでは演奏されなかった、タッピング中心の曲も
多数あり、まさかライブであの奏法を見れるとはと・・・。

さらに「ほほほぉ〜」とぴかぴか(新しい)

それから今回の音響についても、前回までよりもさらに良くなったのではと思っております。

しかし、ますます追求して行きたくもなりました。
実際ウチのスピーカーの後ろの壁の距離と形は左右少し違います。
ホールなどの様に、左右対称の壁にしたいと・・・。
(本来スパゲティー屋なのに何を言うか)むかっ(怒り)

でも、秘策をもう考えましたので、来年ますます音響が良くなる事を
期待しておいて下さいませ。

そして、岸部さんの雰囲気とトークもまたレベルアップしました。グッド(上向き矢印)
今までよりも普通の超関西弁でもありましたし、
公表したいけど、言わない方がこれからライブに出かける方に
失礼やろと言う、大ネタが・・・。(コメントにも書かぬようにね)手(パー)

他の小ネタの一つのヒントはライブ終了時にワタクシが岸部さんに
強制的にドー●ング尿検査をしようとしましたが断固、拒否。
『Athletes』を演奏しなかったのはそのせいか・・・。嘘やで眠い(睡眠)


総評として、4度目の今回は少し選曲が変わったライブでした。
皆勤のお客様はきっとそういう感想ではないでしょうか?
次回はどんな風な内容でくるのかなという、岸部ワールドを
さらに堪能出来る、貴重な機会だったと思います。

そろそろ、プレゼントオリジナルニューアルバムをという声も
良く聞かれます。
アルバムが完成するには、まだもう少し新曲が必要だと
いうことなので、皆さんで楽しみに祈っていましょう。

最後に、恒例の集合写真です。
クリックして大きくしてくださいね。
08岸部ライブ集合写真DSC01413.JPG

ライブにおこしいただいた、みなさま
良く動いてくれるスタッフ、
そして素晴らしい機会を提供して下さる岸部さん。
心より感謝しております。

ありがとうございました。わーい(嬉しい顔)






posted by シエロのマスター at 23:11| 奈良 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

オープンマイクライブ終了

昨日、無事に『第2回シエロオープンマイクライブ』が
終了
いたしました。
9人の出演者の予定でしたが、お一人だけ体調が悪く
残念ながら欠席でした。がく〜(落胆した顔)

今回は全てソロのステージとなり、個々の個性が
非常に現れた
のではないでしょうか。
極度の緊張感と開き直り、オーディエンスの距離と
温かさとストレートな突っ込み。
いろんな意味を込めて本当に楽しいライブとなりました。わーい(嬉しい顔)

何人かのMCでも言っておりましたが、
ギター一本で和やかな繋がりが出来るということは
るんるん素晴らしいことだと実感しております。わーい(嬉しい顔)

では出演者、オーディエンスの方々の
感想をコメント欄でお聞かせ下さい。
具体的な文章が書けるかもしれません。

第二回オープンマイク集合写真
画像は出演者とスタッフの記念写真です。
posted by シエロのマスター at 00:18| 奈良 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ライブの結果報告。(岸部ライブ071111)

昨日11月11日(日)
岸部眞明ソロライブ(071111)の報告をしたいと思います。

今回でギタリスト岸部さんのライブは三回目となりました。
早くから並んでいただいてるお客様にとって雨にならなくて
良かったと思っています。でも冷え込んできていたのでゴメンナサイ。ふらふら

今回の内容は最近の岸部さんのライブの流れと同様に
二部構成で一部はカバー曲中心。二部はアルバム『奇跡の山』が
中心となりました。

最初に手(パー)右手の怪我がまだ完治していないことをお詫びして
おられ、静かな曲が中心になるとおっしゃっていましたが、
『Rodeo』や『風、走る』、そして『Song for 1310』の
タッピングなんかも右手にはハードだとは思ったのですが。
さすがプロですね岸部さん。

MCの方も関西人らしく、『ケガの病院話』と『時計の話』の
ロングバージョンは二本立てです。わーい(嬉しい顔)

もう一つ、和やかになった『鼻がカユイ』状況。あせあせ(飛び散る汗)
曲のエンドが終わった瞬間の鼻を掻く仕草。
素晴らしい演奏の後だから、余計に可愛らしいというか、
人間味溢れるというか・・・。揺れるハート

とにかく最初から笑顔の連続で、今までにない
アットホームなシエロでのライブでした。

アンコールの生音での二曲目『雨降る窓辺で』においては
「雨は降っていませんが・・・」とトークでしたが、
その約5分間だけは外は雨雨になっていたという情報を仕入れました。
凄い事です岸部さんexclamation×2

↓その場に一緒に楽しんでいただいた皆様のカメラ画像です。
画像をクリックして大きくして下さいね。

ライブ記念撮影20071111.JPG


ワタクシの文章はこのあたりで終わりにして
ライブにおいでいただいた皆さま、
そしてこのライブに興味をもってくれた皆さまのコメントを
たくさいお待ちしております。
岸部さんも見ていただけると思いますので、
楽しいページになっていけばと思っています。



posted by シエロのマスター at 20:32| 奈良 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

ライブの結果報告。(岸部ライブ061104)

遅くなりましたが、
4日土曜のるんるん『岸部眞明ソロライブ』開催の
報告をしたいと思います。

岸部さんのウチでのライブは今年の
3月に初めて行い、今回で二度目となりました。
個人的には年に一度位かな?と思ってましたが、岸部さん自身からお誘いを頂き、計画を
たてました。
また前回の改善策の一つ、カラオケPA設備の充実も行いました。

今回の岸部さんの現場入りも二度目となるので、安心しておられる様子でワタクシやスタッフも和やかな雰囲気でリハも行なえました。
ウチのサービス?としてその風景も早々に
並んで頂いているお客様は窓越しでお楽しみして頂けた様で・・・
わーい(嬉しい顔)

会場全体.JPG順調に来客も揃い、5分ほど早めに
『Hajimari』からスタート。
ビートルズ、クラプトン、
そしてハプニング?(笑)の『この世の果てまで』などのカバーから、
季節がら『もみじ』をはじめ、
『Winter 』
『Le Solitaire 』
『花 』と雪解けに向かう様子を3曲メドレーで。
チューニングも余韻のままに3弦を
無駄なくギューンるんるんバッド(下向き矢印)とダウンもさせました。
和やかに前半は12曲。

会場ズーム2.JPG後半は『奇跡の山 富士山』のアルバムを
中心にNHKの放送の話も含め10曲ほど。
会場ズーム3.JPGアンコールはハプニング(笑)の埋め合わせ?
という楽しみもありましたし、
最後は『Athletes』で場内興奮グッド(上向き矢印)で終了でした。

実は今回、3月に来て頂いた方が2/3位いらっしゃったのですが、お帰りの際たくさんの方に「音が凄く良くなった」とお褒め頂きました。
岸部さん自身にも「良い音響で、安心して
演奏出来た。」ともお声をかけてもらえました。

主催者としては大変嬉しい言葉の数々で
感激しております。手(チョキ)
これからも皆さんに喜んでもらえる空間として
頑張って行きたいと思っております。 手(グー)わーい(嬉しい顔)

ライブ後のスタッフのみの打ち上げには
ワタクシのただいまの練習曲『夜想曲』を
大胆に岸部さんの前で弾きました。
自分では、かなり考えた無駄の少ない指使い
でしたが、まだまだ無駄だらけ。(笑) あせあせ(飛び散る汗)
それから『流れ行く雲』のカポ設定の
音響話も納得の回答を頂きました。
文章にするのは簡単ではないので止めますが、
会場の物理的な音響学的な内容です。(ちなみに私は調律師なので解りやすかった) 目

最後に今回も岸部眞明さん。
そして、足を運んでいただいたお客様と
素晴らしい仕事ぶりのスタッフとの計36名様。
ありがとうございました。

みなさまと同じ空間で素晴らしい時間を
過ごせたことに感謝しております。
posted by シエロのマスター at 01:28| 奈良 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

終了報告『第1回オープンマイクライブ』

本日お天気にも恵まれ、無事に
るんるん『第1回シエロ・オープンマイクライブ』が終了いたしました。
初めての試みでしたし、日程もお盆の真っ最中でしたので、
観客の8割は出演者という寂しさもありましたが、
内容的には充実したライブだったのではないでしょうか。

また日程は未定ですが、2回3回と継続していきたいと
思っています。

トップバッターるんるん『シエロのマスター』
〓〓〓??〓〓〓[.JPG
自分の家及び店、仕事場でありながら、
やはり緊張してしまいました。(笑)

るんるん『たかっちゃん』
??〓??〓〓±.JPG
夏らしい選曲が光りました。
一人の方がやりやすい?(笑)

るんるん『植村安敬』
Ё??????.JPG
丁寧な演奏と甘い歌声。
ギターの先生らしいお手本でした。

るんるん『シロート・チアリ HG』
〓〓[〓〓〓〓HG.JPG
ウチの看板ギタリスト。
今回は「太陽にほえろ」バージョンで
笑いと感動をもらいました。

るんるん『Million Mail』
Milon Mail.JPG
初々しい中高校生バンド。
これからもどんどんステージ経験を
積んでもらいたいですね。

るんるん『おんがく旅』
¨±〓????.JPG
キーボードのマキちゃんは画像に入らずで
申し訳ありません。
おんがく旅も初めてのホームステージでした。(笑)

トリるんるん『百年邑ブルーストリオ』
??????〓〓〓.JPG
安定した素晴らしい演奏でした。
大人のブルースバンドで癒されました。


来店していただいたお客様、スタッフ
そして出演者のみなさま、たいへんお疲れ様でした。
これからも『ライブハウス・シエロ』を
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
posted by シエロのマスター at 01:39| 奈良 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

加川良ライブ(060611)終了致しました。

昨日『プライベート加川良』ライブinシエロ
無事終了致しました。

梅雨には入りましたが、無事晴れ天気に恵まれ気持ちのよい一日になりました。
用意したカラオケチケットも当日には全て売り切れました。

実は正直言って、年齢的に「加川良さん」は、ほとんど知らなくて、お話が出た時に勉強して、解り易く優しさ溢れる歌を歌われる方という印象でした。
しかし、生で目の前で歌を聴いたら、凄く『言葉の魂』が伝わるという感覚に陥りました。
「さすが大御所だ」と納得のステージになりました。
初めて加川さんを聴いたという方も多かったと思いますが同じような印象ではないでしょうか。

加川リハ ホめ.JPG
加川さんリハ画像1

打ち上げ時に歌う時の想い入れなどを質問しましたが、まだまだ上を目指しておられると。
細かい話は書けませんが、さすが本物の歌い手だと感動いたしました。

加川リハ 正面.JPG
加川さんリハ画像2

是非、また来て歌っていただきたく思いました。

加川良さま、オープニングの「長田TACO和承&西條渉」さま、PA担当のNEXT奈良の桜井CANさま、パックアップの西●祐さま、そしてスタッフのメンバー、最後に来店してくださった、たくさんのお客さまには大変感謝しております。

みなさまと良い時間を共有出来たことを
嬉しく思っております。
ありがとうございました。

長田TACO和承&西條渉  前座.JPG
前座の長田TACO和承&西條渉さん



『シエロ・ライブ』また次を楽しみにお待ちくださいませ。


posted by シエロのマスター at 01:37| 奈良 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

『岸部さんライブ』から一日経って

ようやく自分の日記に取り掛かります。

とにかく、無事ライブが行なえ、終了出来たことに喜びを感じております。
放心状態に近い状況といいますか、ホッとしています。

次回をするにあたっての、注意事項や新案なども浮かびました。

ただ、何を行なうにも経験が大事だということも、当たり前ですが再認識です。

岸部さん シエロライブ.JPG
岸部さん横 シエロライブ.JPG
岸部さん 全体 シエロライブ.JPG

ワタクシの撮った写真は色がイマイチですが・・・。

ライブの内容ですが、予想通り『富士山の番組』についての選曲とトークで非常に楽しめました。岸部さんの曲への想いとNHKの受け取り方のギャップを楽しめるなんて考えもしなかったです。

本当に、岸部さんのるんるん作曲能力の凄さはぴかぴか(新しい)新曲を発表する度にひらめき磨きがかかります。
演奏ともども一流だと思いますグッド(上向き矢印)

岸部さんをウチに呼びたいという思いから始まったライブ計画ですが、いろいろな方々の力をお借りして実現出来ました。
この場を借りて心から感謝いたします。
ありがとうございました。

そして昨日実際に当店に来て頂いた31名の
お客様と素晴らしい曲と演奏を披露してくれた岸部さん、そしてスタッフとして助けてくれたワタクシの大事な音楽仲間に感謝いたします。
ありがとうございました。



それから、ライブレポートとして
ファン代表の『マキシーさん』の日記を
掲載いたします。
是非ご覧下さいませ。


岸部眞明ソロライブ@シエロ

〜ご注意〜
レポはかなりのネタバレなので、これから行われる
岸部さんのライブやNHKの富士山の番組を
予備知識なしで楽しみたい方は、読まないで下さい。


・・・昨日の続き
迎えに来てくれた大学時代の友人も急遽ライブに参加することになり
五条駅からお店に向かう。
AコープにBMWを止めて、マスターに挨拶♪

お店では座席は横長に並べられその前の高いスツールが演奏者の場所
踏み台の上に足台の代わりにブロックが1つ置かれている!
踏み台プラス足台だと、ぐらぐらして安定悪いのかも。

早く着いたのでかぶりつきの席を確保しておいて、隣の居酒屋で
ちょっとお腹を満たして軽く一杯(友人のおごり)
私がお礼すべきなのに、まったく、姫様待遇である・・・

いい感じでお店に戻り席に座ってライブ開始を待つ。
岸部さん登場・・・ち、ちかいっ! サウンドホールが目の前!

〜セットリスト〜
  (富士山の曲の題名は、NHKの音響効果の人が付けたもので、
    岸部さんのイメージとは違うものもあり(笑))

「五條は何回か来たことがあります、このお店は初めてですが。」
1.Hajimari
    やっぱりこの音が好きなんだよね♪

2.Si Bhig Si Mhor〜The Water Is Wide
    このパターンはいつ聴いても変わらず安心できる

3.風、走る
    結局これが富士山の番組のオープニングになったとのこと

4.メインテーマにと3番目に作ったまったりした曲
    最初に作った曲は少し暗すぎると言われて作ったが・・・

5.山頂夕景
    ドビュッシー風の曲が番組でぶち切られて使われちょっと怒り?

6.つるし雲
    春のイメージで作った7カポの曲、富士山の横にできる雲だとか

7.雲海の彼方
    最初に富士山の為に作った、冬の富士山をイメージした曲

8.幻想の森
    ライブではめったに弾かない1stの曲、ご本人も忘れていた?

9.黄金色の大地
    ご本人お気に入り9カポの曲、雲が流れる感じで作ったのにな〜

10.パターン1
    CGを使った火山灰の映像に使われた無機質な繰り返しの曲

11.パターン2
    これも同様に鍾乳洞の場面で使われたメロデイ−のない曲

12.樹氷きらめく
    私の好きなDADGAD4カポの曲、元々は、どマイナーな曲だった

13.里山の秋
    メインテーマとして2番目に作った曲で、番組の中心になった

14.少年の夢
   「サンタが降りた滑走路」の曲だが、この曲も使用された

15.夜想曲
    この曲も使われたが、シーンに合ってないような気がするそう

「ここまでがNHKBSーHiビジョンテレビの富士山の番組の曲です。
放映は3月23日(木)20時〜21時50分
4月には総合テレビで放送します。(少し短縮版)
NHKからDVDも出る予定ですが、僕も録音し直して、
サントラ盤を作るつもりなので、お楽しみに♪」

16.Song for 1310
   シメは師匠に捧げた曲・・・始めての人は目が釘付け!

「今日は長時間どうも有り難うございました。ありがとうありがとう」
拍手喝采のうちに本編終了。照れくさそうにお辞儀と挨拶。
すぐにわき起こるアンコールの手拍子♪

〜アンコール〜
腰を叩きながら登場
「まだ42才なんですが、おじいさんみたいで・・・(笑)
 ここのマスターと同じで後厄です。
 たばこをやめたら太ってしまって、マジでやばいなあと。
 昔は52−3sぐらいで手首なんか細かったんですが。
 3番目の息子が2歳半で、やっぱり首が無くて似た感じです(笑)
 今日のステージも、衣装のシャツをズボンに入れるのが苦しく
 こんな格好のままで演奏させてもらいました。」
(・・・黒のタートルシャツにうす茶色のズボン、帽子はいつもの黒)

17.花
    もう春、花の季節ということで、今日は雨降る〜よりこの曲ね

18.Eternal
    最後は生音を聴いてもらいます♪サウンドホールの前で幸せ☆


今回は富士山の曲を通してやりたかったそうで、途中休憩無しの
ぶっ続けライブとなった。
やっぱり岸部さんのギターの音を聴くと、心が洗われる。

友人に今日のお礼としてRecollectionをプレゼント。
マスター作のりっぱなチラシにもサインをいただく。
(しまった!記念のNO.1のチケットにサインもらうの忘れた・・・)

友人が写真を撮ってくれて、南海の林間田園都市駅まで送ってもらう。
車の中で、さっそくCDかけて岸部三昧。気に入ってくれたのかな?
また一人岸部ファンが増えたかと思うと素直にうれしい♪

アットホームなすてきなライブに行けてほんとによかった。
友人、シエロのマスター、岸部さんに感謝感謝!
ありがとうございましたm(_ _)m





posted by シエロのマスター at 02:46| 奈良 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

オープニングライブ、終了いたしました。

本日、やや欠け月予定通りに『ライブハウス・シエロ』のオープニングライブが終了いたしました。
ありがたい事に晴れ天気にも恵まれ、遠くは尼崎や大阪平野区、和歌山市内からもはるばるきていただいた方もいらっしゃいましたあせあせ(飛び散る汗)
用意していたいす椅子もほぼ埋まり、るんるん暖かいライブになったのではと思っています。
内容については、

シエロライブ シロート・チアリ HG.JPG

トップの『シロート・チアリ HG』さんの軽快な爆笑トークも交えたフィンガーピッキングの演奏は素晴らしいモノでした。

シエロライブ @RANDOM.JPG

2番目の『@RANDOM』さん達の甘い歌声とバランスのとれた演奏に酔いしれました。
大人の演奏って感じでしょうか。


シエロライブ エンヤトット.JPG

ラストの『エンヤトット一座』さんについては、今回店の都合上、アコースティックバージョンで行なっていただきましたが、さすが独自の路線は守りながらも、メンバーの皆さんの優しく語りかける演奏と歌には心を打たれました。

とにかく全ての予定が無事終了したこと感謝いたしております。
やはりひとえに、出演者、スタッフ、お客さんのお陰です。
ありがとうございました。

この日を新しいスタートとして『ライブハウス・シエロ』をますます楽しんでいただけるるんるん音楽空間にも出来たらと考えています。

皆さんのご意見ご感想をお待ちしております。
posted by シエロのマスター at 02:50| 奈良 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする