奈良県五條市田園にあるスパゲティー専門店『スパゲティーハウス シエロ』のご案内です。
『スパゲティーハウス シエロ』の紹介や、時々店内を『ライブハウス』にすることや、マスターの副業『ピアノ調律師』としての内容を書きます。
Information
スパゲティーハウス シエロ
〒637-0093奈良県五條市田園3-5-7  0747-22-9333
営業時間11:00〜15:00(オーダーストップ14:30) 17:00〜21:00(オーダーストップ20:30)
火曜日定休日
ご覧になりたい内容のカテゴリをお選びください。 下から上へと更新されておりますので、 スパゲティーメニューなどの詳細は 一番下部からご覧ください。
カテゴリ

2012年10月16日

ライブの結果報告(岸部眞明ソロライブ121014)

今回で8回目となりました「岸部眞明ソロライブ」の
結果報告をいたします。

今年も気持ち晴れ良い天候になり、スタッフ集合時間の3時になったところで
なんと岸部さんも早々にお車で到着されました。
実は去年の話では前日入りしようかという案もあった位ですから
和やかに会場設営もご覧になられておりました。

順調にセッティングも進み、リハーサルの開始です。
昨年はNewギターの音もウチで試されましたので、その音がどう育っているのかも
興味深々でした。
実はワタクシ今回そのNewギターを見て「あれ?今までのギターかな?」っと思ってしまうほど
トップが良い色に焼けていて驚きました。

そしてるんるん音出しですが、一年後のNewギターの成長は素晴らしいものでした。
全音域に亘って抜群の音量で、旧機をいきなり超えてる印象を受けました。ひらめき
『最高級のギターをギタリストが鳴らして更に育てる』
なんと素敵なめぐり合わせでしょうか。
そんな経過も目の当たりに出来たワタクシも贅沢な経験をさせて頂いてます。

楽屋での弦交換も見せて頂きました。
DEANMARKLEYアルケミーのストックが無くなったので、現在は
ノンコーティングのDEANMARKLEY弦を使用しておられます。(ギターおたく情報)

今回のライブ内容ですが、いつもの様に二部構成で
前半は今までの選曲ですが、『眠れない夜に』や『Midnight loneliness』はウチでは
初披露だったのではないだろうか?と思う程レアなセットリストでした。
長編の絶滅品種ネタMCも面白かったです。

後半は新曲12曲を惜しみなく披露。
皆さん期待していた「New Album」のレコーディング延期のお話も
芸術家らしく納得の内容でした。

ラストは『Song for 1310』で締められ、アンコールは生音での『雨降る窓辺で』を
弾いて頂けました。

ワタクシ、本番中はいつでもローディー作業を出来る位に
すぐに動けるスピーカー後ろで待機していますが、
今回の岸部さんの演奏はいつもよりも更に『α波』を感じまして、
気持ち良い睡魔がたびたび襲って来ました。(笑)
そんな思いのお客さんもたくさん居たのではとも思っております。

昨年は「更にスリムになってやってくる」とおっしゃってましたが、
別の部分で見た目も気分もスッキリされた岸部さん。
全22曲の演奏で実質2時間半超えのいつもより長めでしたが、あっという間でした。
何度も来て頂いてますが、その都度新しい感覚にさせて頂いてます。
さすがだと思います。手(チョキ)

さて、報告も締めとさせて頂く個人的ネタを一つ・・・。

「シエロの音もだち」やワタクシとmixiやフェイスブックで繋がっておられる方々は
ご存じですが実はワタクシはギターを作り始めました。
そのギターは世界的有名なメーカーのキットでして、完成品をさり気なく楽屋に置いてました。
しかし、岸部さんはまったく興味を見せなかったですが、打ち上げの時に
「マスター、Martinに手を出したんですね。」と・・・。
そこでワタクシが「いえいえ、自分で作ったんです。」と答えました。
するとかなり驚かれたみたいで、そのギターを岸部さんは二度見されました。
それからしっかり弾いてくださってアドバイスも頂き、本当に充実した一日になりました。

今回も隅々まで素晴らしいライブを届けて下さった岸部眞明さん。
そしてご来店いただいた多くのお客様。
毎度素晴らしい働きのシエロライブスタッフ。
皆さんのお蔭でこのライブを無事終了出来たことを喜び
御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

恒例の集合写真です、クリックをして拡大してください

DSC00498.JPG
posted by シエロのマスター at 20:30| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック