奈良県五條市田園にあるスパゲティー専門店『スパゲティーハウス シエロ』のご案内です。
『スパゲティーハウス シエロ』の紹介や、時々店内を『ライブハウス』にすることや、マスターの副業『ピアノ調律師』としての内容を書きます。
Information
スパゲティーハウス シエロ
〒637-0093奈良県五條市田園3-5-7  0747-22-9333
営業時間11:00〜15:00(オーダーストップ14:30) 17:00〜21:00(オーダーストップ20:30)
火曜日定休日
ご覧になりたい内容のカテゴリをお選びください。 下から上へと更新されておりますので、 スパゲティーメニューなどの詳細は 一番下部からご覧ください。
カテゴリ

2010年04月27日

『第4回 音もだちライブ』結果報告

『第4回 シエロ 音もだちライブ』の結果報告を致します。

いやぁ〜 とにかく楽しかったです。わーい(嬉しい顔)

春の訪れが微妙な今日この頃ですが、この日は久しぶりに晴れ大快晴晴れ
気持ちの良いライブ日和。(野外ではありませんが犬)


今回は8名の出演

急遽決まったスティッカムによる
生ライブ配信

客席はこんな感じです。
IMG_0897.JPG



まずは出演者紹介

ふわさん
IMG_0899.JPGIMG_0900.JPG
お名前通り「ふわぁ〜」とライブ会場を包み込む様にスタートさせて下さいました。
12フレットジョイント、スロテッドヘッドのエアーズギターの柔らかさとともに歌詞を丁寧に紡ぎます。
メロディーばかりを意識しがちなワタクシも
歌詞の内容に惹きつけられました。



たかっちゃん
IMG_0903.JPGIMG_0910.JPG
ワタクシとは幼なじみどころか、ずっと一緒に音楽を楽しんでおり、
無期限休止中?のユニット「おんがく旅」のヴォーカリストでもあります。
今回は彼がリスペクトしているE・クラプトンのルーツまでを含めた選曲でお洒落にまとめてました。
ぶっつけ本番やなかったんやね。(笑)



シエロのマスター
IMG_0913.JPGIMG_0924.JPG
リアルにカポ位置を間違うギターのテクニックよりも
新しく買ったルシアーギターと機材の劇的な
音色変化の方に歓声が上がりました。
ワタクシ自身も岸部さんのウチでのライブ感覚を
少しだけ体験出来たかも。
正直、気持ち良かったです。



Hiro Odanakaさん
IMG_0927.JPGIMG_0931.JPG
ライブ出演皆勤のHiroさん。
新しい路線を求め大好きなブルースを封印しての選曲でした。
さすが器用な方です、
ハナミズキなんて弾き語りの徳永英明レベル???
次回はマンドリンもウクレレも三線(サンシン)も披露して下さい。



唯ちゃん
IMG_0938.JPGIMG_0939.JPG
突然ライブの出演交渉をしてきた我が母校の高校三年生。
事前に聴いたこともありませんでした。
バンドのギターヴォーカルをしており、アコギ弾き語りも
トライしてまだ一年という。
しっかりした歌とギター、フィンガーテクもさりげなく。
もうかなりびっくりしました。
オリジナルも2曲披露。
カラオケ早く大人に〜るんるんのフレーズにワタクシ達大人は慌てなくてもと思ったはず。
ちなみに彼女の母親はワタクシと同級生というオチ付きです。



そっさん
IMG_0947.JPGIMG_0954.JPG
さすがライブ慣れされてる方のステージは違いますね。
もう中央に立った瞬間から空気が変わります。
鳴らして育てたD-18GEも綺麗な音です。
見た目とのギャップ(ごめん)を感じるシルキートーンヴォイス。
ワタクシ達世代が特に反応する純粋フォークの歌詞とメロディー。
個人的にはるんるん「大きな人」が来てます。



duzzくん
IMG_1019.JPGIMG_1020.JPG
ワタクシは『五條の押尾コータロー』と呼んでます。
最近、愛機D-28マーキスマダガスカルに
M-factory#202をセットしました。
ノリノリのタッピング曲には歓声が上がりました。
ミキサー卓でのスピーカーの出音やヘッドフォン音の比較を
しっかり楽しませて頂きました。
スタンディングもボチボチとトライしていくかい?



みどさん
IMG_1027.JPGIMG_1032.JPG
シエロでのライブは初出演なのに
「トリ」をワタクシに指定された「みど姉さん」。
多分どんな演奏をされるのかと皆さん思ってたはずです。
最近手に入れた80年代モノの激鳴り「ラリビー」を引っさげ
ギタリスト岸部さんや押尾さんの大師匠「中川イサト」曲を
さらりと2曲、歌モノはブルース系・アイリッシュ系、そして
ワタクシが強制的にリクエストした
植村花菜の「トイレの神様」をワタクシのギブソンを鳴らし
歌いあげました。
MCもある意味「漫談」です。本人は自覚してません。
納得の締め演奏となりました。


総評です。

最初にも書きましたが本当に楽しいライブになりました。

目フリーのお客様も思いがけなく入っていただきました。
女子高校生の集客力は脱帽です。

映画そして初体験の生ライブネット配信「スティッカム」には
ドキドキものでした。
コンスタントに生閲覧人数が分ります。
ワタクシの演奏時にはギター機材の大御所M氏から
「見ているよ」との連絡が入り異次元の緊張を味わいました。あせあせ(飛び散る汗)
ありがとうございました。揺れるハート
ある意味、生放送テレビの出演者の気持ちと言うか、
製作者サイドの気持ちも想像してしまいました。
『視線が見えない視線』という言葉が浮かびました。あせあせ(飛び散る汗)
しかし配信の音質はやはり難しいですね。
会場の生音よりも後半から変更した
ミキサー卓のLINE OUTがベストかと。

ひらめき出演者全員スタッフ
でもあるウチのライブ内容。
それぞれ楽しみながら設営や片付けもして頂きました。
女子高校生にキャノンケーブル(XLRケーブル)のオス・メスを
探らせ、解きや巻きまで理解させるマスターですもん。(笑)

ちなみに
撮影担当     そっさん
録音担当     たかっちゃん
スティッカム担当 duzzくん
ローディー    Hiroさん Booさん(友人)
ミキサー担当   シエロのマスター

最後に
わざわざ来ていただいたお客様
手を貸してくれた友人達
ネットで生閲覧してくれた皆さま
そして出演者の皆さま

本当に楽しいひと時をありがとうございました。

みんな揃って『シエロの音もだち』で〜す。黒ハート黒ハート黒ハート


posted by シエロのマスター at 02:19| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『ライブハウス・シエロ』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック